宮崎秀人/フラワーアレンジメント・アートスクール/東京都大田区南雪が谷1-4-13 TEL.03-3720-6370 (FAX兼)
お申し込みはお電話またはFAXでお願いします。10:00〜18:00(土日祭日休み)

2016-12-28
 

HIDETO MIYAZAKI PROFILE

 
 幼少より池坊の生花に親しんだ後、川瀬敏郎に生花を師事。
 1983年ホリヒロシ「聴花」でインスタレーションとしての花を提案、花を追求するとともにオブジェ作品の制作にも興味を広げる。
 1987年より始まるパミール高原、サハラ砂漠、西アフリカ、インド、ヒマラヤ横断、縦断など秘境へ写真撮影の旅を通し、民族の生活文化と交流することで、
 人間の根元的生命観、自然との対話、自然と装飾文化との係わりなどに強い刺激を受ける。
 主な写真作品に西アフリカ「幻の街トンプクトゥ」全インド「人と花」サハラ「壁画の旅」ニューヨーク「Show the flag」etc.
 1995年フラワーアレンジメント アート スクール主宰となり、生花を通した生活文化を提案、好評を得ている。
 一方これを期に、「花とコラボレーション」というテーマのもと作品制作に荒縄、鉄、鉛、錫、ガラスなどのマテリアルを積極的に用い、
 植物との「共有と調和」のもと作品創りを始め現在に至る。
 主な作品に「刻・KIZAMU」「縄文」「NEO BAROQUE」舞台美術インスタレーションとして「ピアソラへのオマージュ」「虚飾の食卓」「 EDEN」「いぶき」 etc. 庭園設計「松下邸」「古平邸」
 電通、西武百貨店、資生堂、BVLGARI、MIKIMOTO、DE BEERS、家庭画報、花時間、Im home、BIGIグループなどの執筆、アートディレクション、作品提供、 ディスプレーなどの仕事に従事。マルチにその世界を展開中。